株価指数とは

代表的な株価指数からマイナーな株価指数まで紹介!

ニューヨークダウ工業株30種平均株価のリアルタイム株価

ニューヨークダウ工業株30種平均

 

日経225(日経平均株価)のリアルタイム株価

日経225(日経平均株価)

 

株価指数とは、東証証券取引所や、大阪証券取引所などで発表される、日経225と呼ばれる日本経済新聞社が上場されている企業の中から、225社を選びその日の株式価格の取引額を平均したもの、ジャスダックインデックス、東証株価指標などのことを表す言葉で、上記以外でも何種類かの指標が発表されています。この中で最も一般的な株価指数は、日経225です。

 

東証一部に上場されている企業で、日本の大企業が多くあります。日経225では、業態ごとに銘柄を分けて掲載しています。

 

食品では、カップヌードルで有名な日清製品グループや、味の素、アサヒビールなど身近な企業が上場しています。繊維、パルプ、化学工業、医薬品、石油、ブリジストンと横浜ゴムなどのゴム、窯業これは、歴史ある東証のならではのカテゴリーですが、旭硝子、トイレで有名なTOTOも含まれます。

 

そのほか、鉄鋼業、非鉄金属、金属製品、機械、電気機器、精密機械その他製造、ここにはヤマハや大日本印刷、水産、鉱業、建設、商社、小売業、銀行、証券、保険、不動産、鉄道バス、海運、空運、情報通信、電力、ガス、サービス業のカテゴリーに分類され、そのうちの225社が、日経平均株価として発表されます。空運は、JALがなくなりましたので、現在全日空だけです。

 

もう一つ、よく新聞等で目にする株価指数で、「TOPIX」があります。これは、Tokyo stock Price IndeXの略称で19680年1月4日の時価総額を100として、指数化したもので、日経225との違いは東証一部に上場しているすべての会社の株式価格を対象にしていることです。

 

バブルの頃は、指数が2800を超えた時期もありましが現在は株価も低迷し1,000下回ることもあり、850から900の間を示しています。株価指数と言うとすぐに日経225の平均株価と思いがちですが、株価や株式市場全体を理解するためには、各種の指数を覚える必要があります。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告