ブラジル ボベスパ指数

ブラジル ボベスパ指数

ボベスパ指数とは、Bovespaの上場銘柄のうち、約50種を指数化したブラジルの代表的な株式指数のことです。通貨単位はブラジル・レアルで、南米最大の証券取引所・サンパウロ証券取引所によって算出・公表されています。

 

配当込み指数であり、理論加重値による加重平均方式で計算されています。また、サンパウロ証券取引所に上場している株式で構成されています。

 

その中でも、半国営の石油企業・ペトロブラス、鉄鉱石生産高世界一を誇る資源採掘企業のヴァーレ、ブラテスコ銀行など、特に流動性が高い銘柄で構成されています。この株価指数は2009年に入っても勢いが衰えず、順調に上昇しています。

 

オリンピック開催地として選ばれたリオデジャネイロでも話題になり、乖離がさらに加速しました。2009年10月中旬に迎えたピーク時には、東証の1325ETFが30%を超えたことも有名です。

 

ブラジル株式に投資する方法には、ETFまたは投資信託があります。ETFとは上場投資信託のことをいいます。

 

ボベスパ指数に投資する場合は、どちらかというとETFがおすすめです。これは東証にボベスパ連動型上場投信として上場されているためです。

 

いつでも売買可能なだけでなく、2万円台で購入が可能です。1万円からの積立投資がしたい、年金資金として分配型を選びたい場合には、投資信託をおすすめします。

 

投資信託ですとSBCブラジルオープンは、純資産額などがもっとも人気なようです。株価指数ボベスパ指数との連動を目指すETFをボベスパ指数ETFと言います。

 

このボベスパ指数ETFに投資することで、分散して投資するのと同様の効果を得ることができます。株価指数に連動する海外ETFには、NEXT FUNDSブラジル株式指数・ボベスパ連動型上場投信とEWZがあります。

 

どちらに投資すべきか悩むところですが、投資金額が大きい場合などは、後者のEWZを買うのがおすすめです。これは、東証上場ETFだと破綻やプレミアムのリスクがあるためです。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告