Dow Jones Eurostocks 50

Dow Jones Eurostocks 50

ETFは、「Exchaged Traded Fund」の略であり、日本語では「株価指数連動型上場投資信託」といいます。一般的な投資信託とは異なり、TOPIXや日経平均株価などの「指数」に対して連動する投資信託であり、ETF自体が上場してしまっている投資信託なのです。

 

海外の指数を扱っている海外ETFは、現在にわかに個人投資家から注目され始めています。世界各国のマーケットの銘柄に、少ない資金で投資を分散することができ、一般的な投資信託と比較して圧倒的に信託報酬が低く済むからです。

 

そんな海外ETFに「ダウ・ジョーンズ・ユーロストックス50・インデックスファンド」という投資信託があります。この投資信託は、主にヨーロッパ諸国の銘柄で構成されている「ダウ・ジョーンズ・ユーロストックス50指数」という指数に連動しています。

 

それでは、ダウ・ジョーンズ・ユーロストックス50指数という、株価指数について説明していきましょう。指数の名称にも含まれていますが、「ウォールストリートジャーナル」という新聞の発行元として有名な、「ダウジョーンズ社」という企業が発表している株価指数です。

 

ダウジョーンズ社は、この株価指数のほかにも、「ダウ平均」という指数を発表していますから、世界的にみてもメジャーな企業ですね。フランクフルト証券取引所上場ETF指数であり、先述のとおりヨーロッパ諸国の大手企業ばかりで構成されています。

 

どのような企業が銘柄となっているかといえば、ノキア、SantanderCentralHispano銀行、アベンティスなどです。アベンティスはフランスの医薬品を扱う企業で、SantanderCentralHispano銀行はスペインの大手銀行、ノキアはいわずと知れたフィンランドを拠点におく世界的な通信機器企業です。

 

ただ、ダウ・ジョーンズ・ユーロストックス50指数は、ユーロを導入している国家であるEMU参加国の企業のみで構成されているため、スウェーデンやイギリスの企業は含まれていません。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告