ERIX Core

ERIX Core

株式投資というと、上場銘柄を対象とする場合が殆どですが、非上場の銘柄を購入する事もできます。証券会社で取り扱っている店頭有価証券の内、証券会社が日本諸兼業協会に届けでた物をグリーンシートといいます。

 

グリーンシートはさらに3種類に分けられます。証券会社の審査により、成長を有するなどグリーンシート銘柄として適当と判断された銘柄区分をエマージングといいます。

 

証券会社の審査により、グリーンシート銘柄として適当と判断された銘柄区分をオーディナリーといいます。どちらの銘柄区分も店頭有価証券です。

 

そして3つ目の投信・SPCは、優先出資証券及び投資証券のうち、証券会社において審査を行った結果、グリーンシートとして適当と判断された銘柄区分です。

 

エマージングとオーディナリー全銘柄を対象にした株価指数をERIXといいます。また、同じくエマージングとオーディナリーの内、ST.compass株式会社が上位証券取引所への上場の可能性を含めて選定した銘柄の株価指数をERIX Coreといいます。

 

ERIX Coreの銘柄は当然、上位証券取引所への上場の可能性があるため株価の変動が起こりやすいのが特徴的です。その為、ERIX Coreを含めたグリーンシート銘柄を中心に取引を行う投資家もいます。

 

しかし、グリーンシート銘柄をを中心とした株式投資を行う場合は、相応のリスクも発生することを忘れてはなりません。投資の場合は、元本保証がないものもとても多く、特に一部上場企業などにくらべグリーンシート銘柄では成長できず倒産となる可能性も高くなります。

 

そのため、グリーンシート銘柄での株式取引では特に自身が購入する銘柄についての情報収集や現在の経済情勢の判断など非常に大切になってきます。その上で、取引量を抑えるなどの自身の運用資金にあわせリスク管理が大切です。

 

ただ、ERIX Coreに選定されている銘柄も含めグリーンシート銘柄の取り扱いから撤退した証券会社もあるため、証券会社への確認をすることも大切です。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告