イタリア FTSE 100指数

イタリア FTSE 100指数

イタリア FTSE 100指数のリアルタイム株価

イタリア FTSE 100指数

 

世界の経済に目を向ける場合、アメリカの株価指数をはずすことができません。それは、よく悪くもアメリカが世界経済の中心であり、世界中の株価時価総額の3割以上を保有しているからです。

 

外国為替相場でも同じことが言えます。世界の通貨は、米ドルを中心として大なり小なり影響を受けて変動してるのです。

 

米ドルの次に流通量の多い通貨といえば、欧州各国で導入されているユーロでしょう。イギリスやスウェーデンなどでは導入されていませんが、それでも米ドルに次いで影響力の大きい通貨です。

 

同じように、株価においても、ヨーロッパ諸国の銘柄が世界経済に与える影響は大きいです。もちろん、アメリカに次いで、というこては言うまでもないでしょう。

 

そんなヨーロッパ諸国に本拠地を置く大手企業の株価指数を表わしているのが、「イタリア FTSE 100指数」です。FTSE 100指数は「Financial Times Stock Exchange 100 Index」の略で、イギリスのフィナンシャル・タイムズ社とロンドン証券取引所が運営するFTSEが提供している株価指数となっています。

 

イタリア FTSE 100指数では、ロンドン証券取引所上場企業のうち、株価時価総額が大きい順の100社の株価平均を表わしています。イタリア FTSE 100指数の株価指数の算出方法は時価総額加重平均となっていて、1983年12月31日の株価が基準となり、この基準を1,000として表わされています。

 

FTSE 100指数取り扱っている銘柄は、ロイター通信で有名なトムソンロイター、ボーダフォン、ブリティッシュエアウェイズ、アドミラルグループなど、日本でも馴染みある企業が多く存在しています。ヨーロッパ諸国の上場企業100選といってもよい銘柄の株価指数ですから、「CAC40」や「DAX」などと同様に、欧州を代表する株価指数であるといえるのではないでしょうか。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告