イタリア FTSE MIB指数

イタリア FTSE MIB指数

イタリア証券取引所はミラノにあるイタリア最大の証券取引所であり、2007年10月からロンドン証券取引所グループに買収されたことによって、ロンドン証券取引所の完全なる子会社なって、現在に至っています。そして、FTSEとは、イギリスのファイナンシャル・タイムズとロンドン証券取引所共同で出資をしている株式や債券などの指数を作成したり、管理したりする会社のことです。

 

次にFTSE MIB指数とは、イタリア証券取引所に上場している企業の流動性そして時価総額が最も高い40銘柄で構成されている株価指数であります。指数の算出方法は、S&P/MIB指数と同じ方法で算出されています。

 

この他にもFTSE関係のある指数と言えば、FTSE100種総合株価指数があります。これは、1983年度末の株価を基準として1000とした時価総額加重平均株価指数のことであり、MSCI指数と並んで世界2大投資指標として位置付けられています。

 

FESTとはファイナンシャル・タイムズ(Financial Times)の頭文字とロンドン証券取引所(London Stock Exchange Group)の「Stock Exchange」の頭文字から取った名称であります。100種総合株価指数はヨーロッパ地方を代表する指数で、100種の銘柄から構成されており基準日は1984年1月3日でこの日を1000して算出されています。

 

S&P/MIB指数の40社のほとんどが大企業で、主なところではアクサ、アリタリア?イタリア航空やフィアット、ブルガリ、ベネトンなどが挙げられます。また、MIB指数の30というものあるようですが、こちらも基本的には銘柄数の違い以外、変化はありません。

 

ちなみに、イタリア証券取引所の取引時間は、通常午前9時5分から午後5時35分までで、土・日・祝日は休場となっていますが、市場の種類によって全く異なるので、取引をする場合は注意が必要です。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告