香港ハンセン株価指数

香港ハンセン株価指数

香港ハンセン株価指数のリアルタイム株価

香港ハンセン株価指数

 

動向を把握して株を高く売る、安く買う、これは株取引を成功させるための大原則です。この相場の動向を特定の計算方法を用いて数値化したものを株価指数といいます。

 

この株価指数は日本の株式市場だけではなく、海外の株式市場における株価指数も各種存在します。中国は香港の香港証券取引所で売買される相場動向を現す株価指数のことを香港ハンセン株価指数といいます。名前の由来は、この指数が恒生(ハンセン)銀行グループ企業であるハンセン指数サービス(HSIサービス)が算出していることから来ています。

 

この香港ハンセン株価指数は、香港証券取引所で流通している銘柄の中で、時価総額の高い45銘柄を対象としています。各銘柄の現時点での時価総額合計を、基準となる1964年7月31日時点の全銘柄の時価総額の合計を基準値100として指数を算出しています。

 

香港ハンセン株価指数の算出にあたり対象となる銘柄は、金融、公益、不動産、商工業の4カテゴリーに属する企業で構成されており、金融ではHSBCホールディングスなど、公益では中華電力、不動産では長江実業、商工業では中国石油化工、チャイ ナユニコムなど、時価総額の高いリーディングカンパニーがラインアップされています。また、中国移動通信(チャイナモバイル)など1984年の香港中国返還を視野に中国政府が打ち出した上場促進策により上場したレッドチップと呼ばれる中国法人銘柄も多く含まれています。

 

香港株式市場の時価総額の約7割 を占める銘柄を対象とした香港ハンセン株価指数ですが、業種カテゴリー毎の動向を把握したいニーズから、ハンセン商工業株指数、ハンセン金融株指数、ハンセン公益事業株指数、ハンセン不動産株指数の4つのサブインデックスを内訳として別途算出しています。また、香港ハンセン株価指数より幅広い銘柄の動向を把握するというニーズもあり、200銘柄、時価総額の95%をカバーするハンセン総合指数も算出、公開されています。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告