ヘラクレスグロース

ヘラクレスグロース

ヘラクレスグロースとは、「ニッポン・ニュー・マーケット・ヘラクレス(Nippon New Market Hercules)」という、大阪証券取引所が開設する新興企業向けの株式取引市場が定めた、同市場への上場審査基準の一つです。その審査基準のうち、客観的な上場審査基準である形式審査基準ので、このヘラクレスグロースとヘラクレススタンダードの2つが存在します。

 

特に、このヘラクレスグロースは、ベンチャー企業のような潜在的に成長する期待がもてる企業に適した基準で、上場時に純資産の額が4億円以上、または上場時価総額50億円以上、または税引前利益の額7,500万円以上と、現時点での資産や時価総額、利益の基準について、ヘラクレススタンダードの基準比較して低めに設定してあります。そのため、ベンチャー企業のような成長の期待値が高い新興企業に上場するチャンスを与えることができ、より一層の市場の活性化が期待できます。

 

一方で、上場銘柄の新陳代謝を図るために、市場性の低い企業を上場廃止させる規定も設けられています。ヘラクレスグロースでは、決算期末または又は第2四半期末の翌日から1年間で、浮動株式数が500単位以上にならない、もしくは株主数が200人以上にならない場合、または、浮動株時価総額が30営業日連続して1億円(平成22年12月末までの間は6000万円)以上とならず、さらに向こう半年間で5営業日連続で1億円(平成22年12月末までの間は6000万円)以上とならなかった場合、というのが上場廃止の基準であり、その基準に抵触した場合、大阪証券取引所の審査の末上場廃止となります。

 

ヘラクレスグロースに上場している銘柄を見ますと、IT関連の新興企業や金融グループの新規事業などが軒を連ねるなか、近年ではアミタホールディングスやなど、エコ関連ビジネスを展開する企業が上場したりと、最新ビジネストレンドの動向をうかがい知ることができます。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告