ヘラクレススタンダード

ヘラクレススタンダード

ヘラクレススタンダードとは、大阪証券取引所が開設する新興企業向けの株式取引市場「ヘラクレス」が、同市場への上場を希望する企業を受けいれるにあたって設けている審査基準の一つです。同市場へ上場のための審査をする中で用いられている客観的な審査基準のことを「形式審査基準」と呼び、ヘラクレススタンダードではスタンダード基準1号?3号の3種の形式審査基準が設けられています。

 

1号は収益性に特徴のある企業に適した基準で、過去3年分の会計年度中いずれかにおいて利益額が1億円以上と利益額の基準が唯一設けられている基準です。また、第2号は資産性に特徴のある企業に適した基準で、過去3会計年度中に総資産が18億円以上とほかの基準より高めの設定になっています。

 

そして第3号は、市場性、つまり株式の時価総額の高さに特徴のある企業に適した基準で、上場時価総額が75億円以上、あるいは総資産が75億円以上かつ売上高が75億円以上という時価総額面での独自の設定があります。このようなバリエーションのある上場基準を作ることで、時価総額は低いが収益性の高い企業や、資産は無いが時価総額が高く市場性の高い企業に上場するチャンスを与えることができ、市場を活性化することができます。

 

ヘラクレススタンダードの上場銘柄は、ぐるなび、CHINTAI、SBI証券など、情報・通信や、新興の金融業界などの業種が多く、それぞれの業界において躍進している企業が目立ちます。2004年には、大阪証券取引所自らがヘラクレスに上場を果たしており期待されるところです。

 

2010年6月現在、75社(うち、外国株1社)が上場していますが、毎年新規上場を果たす会社もあれば、上場廃止となる会社もあります。企業が申請する、あるいは、完全子会社化する、営業活動を停止するなどの上場廃止理由の他に、浮動株式数が1年で750単位未満もしくは株主数が300人未満になると上場廃止となる規定が設けられています。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告