スペイン IBEX 35指数

スペイン IBEX 35指数

株式の売買を行うにあたり、その相場感を把握するために、株式銘柄の動向をある特定の計算方法で数値化したものを株価指数といいます。この株価指数の推移を見ることで、株式市場で流通している銘柄の全体的な値動きを見ることができます。

 

日本はもちろん、世界の株式市場においても株価指数が各種存在します。ユーロ圏スペイン株式市場の株価指数に、スペインIBEX 35指数があり、同市場の代表的な指数として位置づけられています。

 

また、ユーロ圏の株化指数であるドイツのDAX 指数やフランスのCAC40指数と並んで同圏の代表的な株価指数として位置づけられています。この、スペインIBEX 35指数はスペイン王国の証券取引所委員会(Sociedad de Bolsas)が算出し、公開するもので、スペイン連続時間市場(Spanish Continuous Market)の株式銘柄を対象として計算しています。

 

特に、この指数は同市場の中でも、発行済みの株式数が多く市場によく出回っている、すなわち流動性の高い35銘柄を対象に計算されています。また、この計算には創業者や金融機関、取引先が保有し市場に流動しにくい安定株は除外され、市場に流動する浮動株のみが計算対象となっているので、市場での売買を目的に相場の動向を把握するのに適しています。

 

指数の算出方法は、1989年12月29日時点の浮動株の値段を基準値:3000とし、現時点での値動きの増減を掛け合わせ算出します。その構成銘柄には、電力会社のエンデサ、大手銀行のバンコサンタンデール、バンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア、通信会社のテレフォニカ、石油会社のレプソルYPFなど、各業界のリーディングカンパニーが軒を連ねています。

 

CFDでの株価指数取引が可能なため、売買価格の差額決済を伴うものの、日本からこのスペインIBEX 35指数をそのまま参考にして株銘柄の取引をすることができます。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告