インタラクティブ・ウィーク・インターネット指数

インタラクティブ・ウィーク・インターネット指数

海外の株価指数には、非常にたくさんの種類があります。ダウ平均やナスダックを始めとする、アメリカのマーケット指数が非常に有名ですが、近年において急激に成長している指数として、「インターネット指数」という株価指数が注目され始めています。

 

インターネット指数とは、インターネットに関連した一流企業銘柄ばかりで構成された株価指数の総称です。インターネットに関連した企業は、メディアを扱う企業や、ウィルス対策やセキュリティーソフトを扱う企業、ポータルサイトを中心にさまざまなサービスを取り扱う企業など、いくつもの分野に存在していますから、その分野の企業まで銘柄として含めるのかで、見方が変わってくるでしょう。

 

では、なぜインターネット指数がここまで注目されるようになったのでしょうか。それは、なんといってもアメリカを始めとする先進国のIT革命が大きいでしょう。

 

IT革命を起こしたのは、ネット回線のブロードバンド化です。2000年以降は、先進国において、もはやインターネットはなくてはならないものとなりました。

 

インターネットは、時間の短縮と映像と音声を利用した幅広いサービス提供が可能であり、その需要の高さからインターネット関係の企業は急速に成長し、現在ではナスダックにも上場企業がたくさん存在しています。そんな企業ばかりで構成されたインターネット指数は、投資家にとって無視できないものなのです。

 

インターネット指数のひとつに、「インタラクティブ・ウィーク・インターネット指数」という株価指数があります。インタラクティブ・ウィーク・インターネット指数は、アメリカン証券取引所とインタラクティブ・ウイーク・ニュースマガジン社が提供しているインターネット指数です。

 

インタラクティブ・ウィーク・インターネット指数を構成している銘柄を一部紹介しますと、AmazonやGoogle、シマンテックやマカフィーなど、大手45社となっています。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告