JQ-BBG Top100

JQ-BBG Top100

ジャスダック・ブルームバーグマーケットバリューTop100(JQ-BBG Top100)は、日本株式市場の株価指数のひとつです。株価指数とは、一般的に株式相場状況つまり株価の変動を総合的に表示するための指数で、内容は基準時の株価水準を100または1000として、比較時の株価水準を指数化したものです。

 

ジャスダック・ブルームバーグマーケットバリューTop100(JQ-BBG Top100)のブルームバーグとは金融、経済情報を配信するアメリカの総合情報サービス会社の名前で、創業者の名前から社名をつけたものです。しかし、ここでいうブルームバーグは同社の情報端末のことで、この端末を使用して流通するいろいろな価格情報や計算およびニュースなどを入手します。

 

このブルームバーグ端末を利用する大きな利点は、世界で多くのトレーダーが利用しておりますので、このブルームバーグの情報で価格が決まってしまうことです。さて、このジャスダック・ブルームバーグマーケットバリューTop100(JQ-BBG Top100)とは、登録されている銘柄を売買代金と時価総額から100銘柄に区分して、それを修正平均株価算出方式であらわした株価指数です。

 

100銘柄の選定は、期間末日の時価総額の選定対象銘柄中における市場占有率を算出して、その占有率の高い順から100位までの銘柄を選定します。この指数は1999年1月5日の基準価格を除数により調整を行い1,000ポイントとします。

 

これは全登録銘柄でなく構成銘柄を区分することでマーケットの状況を細部まで把握でき、年2回の構成銘柄全体の見直しを行うためマーケットの実勢をより正確に反映されます。

 

これがジャスダック・ブルームバーグマーケットバリューTop100(JQ-BBG Top100)の特徴です。構成銘柄にはTop50を含みますが日本マクドナルド、カラオケの第一興商、ゲームのコナミ、東映アニメーション、エイボン、長野計器などがあります。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告