JQ-BBG Top50

JQ-BBG Top50

ジャスダック・ブルームバーグマーケットバリューTop50(JQ-BBG Top50)は、およそ28種類ある株価指数のなかの1つで、1999年7月1日に日本証券業協会がJASDAQ‐Bloomberg INDEXとして公表したインデックスです。JASDAQ‐Bloomberg INDEXは登録銘柄を時価総額と売買代金の2つの観点から、50銘柄、100銘柄、400銘柄に区分したもので、修正平均株価方式によって算出した株価指数です。

 

ジャスダック・ブルームバーグマーケットバリューTop50(JQ-BBG Top50)以外のインデックスには、ジャスダック・ブルームバーグマーケットバリューTop100ジャスダック・ブルームバーグマーケットバリューMiddle400ジャスダック・ブルームバーグLead100があります。選定対象となる銘柄は、日銀出資証券と選定期間に定める選定期間中に新規登録した銘柄および選定期間中に登録取消しになった銘柄を除いた全ての店頭登録銘柄を対象としますが、店頭の管理銘柄にはこれが含まれません。

 

選定期間は、毎年1月1日から6月末日および毎年7月1日から12月末日の2期間を選定期間としており、定期的な指数構成銘柄の入れ替えを年2回行っていることになります。選定された銘柄の公表については前期と後期に分け、前期を7月中旬、後期を1月中旬に行います。

 

ジャスダック・ブルームバーグマーケットバリューTop50(JQ-BBG Top50)の選定基準は、各選定期間末日の時価総額の全選定対象の銘柄におけるシェアを銘柄毎に算出し、そのシェアの高い順に1位から50位までの50銘柄を構成銘柄として選定します。日本マクドナルドホールディングス・楽天・シダックス・ノエビア・日本トイザらス・沖縄セルラー電話などのほか44銘柄がジャスダック・ブルームバーグマーケットバリューTop50(JQ-BBG Top50)の構成銘柄です。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告