ナスダック総合指数

ナスダック総合指数

ナスダック総合指数のリアルタイム株価

ナスダック総合指数

 

特に投資情報や経済情報に詳しくない方でも「ナスダック」という単語は聞き覚えのある言葉ではないでしょうか。それなりに気にしている方なら、テレビや新聞などのメディアで必ずといっていいほどチェックする指数です。

 

そもそもナスダックとは、何のことをいっているのでしょうか。ここでは、ナスダックと、その株価指標である「ナスダック総合指数」について解説していきましょう。

 

ナスダックとは「NASDAQ」と表され、National Association of Securities Dealers Automated Quotationsの略語です。1971年に、世界初の電子株式市場として全米証券業協会が運営を始めました。

 

そして、NASDAQの店頭株式市場に上場している全企業(アメリカ内外問わず)の株価平均を表わす指数が、ナスダック総合指数という株価指数です。言ってみれば、アメリカにあるかどうかは別として、世界に名だたる超一流企業の株価平均、ということになるでしょうか。

 

そのため、ナスダック総合指数を構成している銘柄は、非常に知名度の高い企業ばかりとなっています。その例をあげると、マイクロソフト、DELL、Intel、Apple、Yahooなど、知らない人はいないといえるほどの企業によって構成されています。

 

銘柄をみてお気づきの方もいるかもしれませんが、ナスダック総合指数に属する銘柄は、ITやハイテクの分野における企業の割合が高い指数です。その為、この指数をみることは、ITやハイテク、バイオなどのセクターの動向をみること同義であるとされています。

 

その傾向を更に強めた指数として、「ナスダック100指数」という株価指数があり、この指数を扱う海外ETFも存在します。これらのことから、ナスダック総合指数は、ダウ平均やS&P 500種指数などと並んで、アメリカを代表する経済指標といわれていて、日本でも注目度の高い指数となっています。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告