ニュージャパン・インデックス

ニュージャパン・インデックス

民主党政権が政権を握り、サッカーワールドカップで盛り上がりを見せる日本国内ですが、不況脱出の大きな出口は未だ見えていません。中国がかつての日本のバブルを思わせるほど、急速な経済成長を遂げる一方、日本経済は低迷をたどっています。

 

不況により日本経済を支える中小企業が復活しなければ、私達の生活も苦しい現状から脱出できないことでしょう。こんな経済情勢の中でも、少しでも資産を増やそうと株式投資や外貨投資をする人が増えています。

 

株式投資をする場合は証券会社へ相談に行くのが一般的です。また、投資信託(ファンド)をする場合は、投資信託銀行を利用します。

 

信託銀行ではお客様から預かったお金をまとめて、プロの運用投資家が国内外の株式や債券、不動産で運用しその収益をお客様に還元する仕組みとなっています。あまり株式や不動産に詳しくなくても、プロに任せて利益を得る事が出来るのです。

 

野村證券の運用会社は野村アセットマネジメントというように、日本の大手証券会社は親会社となり、子会社として運用会社を作っていることが多いです。投資信託にもいろいろあります。

 

例えばインデックスファンドは、株価指数などのインデックスと同じ値動きを目指す投資信託のことを言いますインデックスとは日経平均株価やTOPIXなどの株価指数を意味します。SBIグループが開発したニュージャパン・インデックスは情報通信技術(IT)を効率的に利用している企業の株価指数です。

 

情報通信技術(IT)を中心にしたニュージャパン・インデックスの対象銘柄は効率良く資産を運用する為、ITバブルのはじまり前後に選定された銘柄になります。またニュージャパン・インデックスは2009年より「SBI TOPIX100・インデックスファンド」となっています。SBIアセットマネジメントが運用しています。

 

投資信託銀行というと、入りづらいイメージがあります。ですが、親切にいろいろ教えてくれば場合が多いので、興味があれば一度足を運んでみるのも良いでしょう。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告