ニューヨークダウ工業株30種平均

ニューヨークダウ工業株30種平均

ニューヨークダウ工業株30種平均株価のリアルタイム株価

ニューヨークダウ工業株30種平均

 

新聞やニュースで、ニューヨークダウ平均株価が暴落したなどの言葉を良く耳にします。特にリーマンショックのときは、ダウ平均が暴落し日本の株式市場も同時に暴落し、世界的な株安状態になりました。

 

ダウ平均はこのように世界中の株価や経済に影響を与える数字です。ダウ平均は、ダウ・ジューンズ社が1896年に12種の工業株の平均を発表し1928年から現在の30種平均になりました。

 

30種は、ニューヨーク証券取引所に上場されている優良企業の株価を平均したもので世界的にな企業が多数含まれています。ハンバーガーで有名なマクドナルド、飛行機のメーカーボーイング社、、IBM、マイクロソフト、医薬品で最大手のファイザーなどは日本でも有名な企業です。

 

これらの企業の株価の平均が、ニューヨークダウ工業株30種平均株価です。工業とついていますが、ダウが発表されたころは、自動車産業や、軍需産業がアメリカの国を支える主流産業でしたが、現在はセクターと呼ばれる商品形態により、各セクターから代表する企業が選ばれています。

 

各セクターは、金融や、重機、小売など多種にわたっています。また、30種の構成銘柄は、入れ替えが多く、当初から継続している企業はゼネラル・エレクトリックの1社しかありません。

 

そう言ったことから、ニューヨークダウ工業株30種平均株価はアメリカの経済状態を実態に近い数字で表しているため、世界中の株式市場にも大きな影響を与えます。日本の株式市場でも影響は大きく、ダウが下がれば、日経の株価平均、日経225も必ずと言ったいいほど、値を下げます。

 

近年では、2008年3月15日に、777$近くに暴落し、その年の10月13日には株価の下落の反動で、936$の上昇するなど、大きな変動があるのも特徴の一つです。ニューヨークダウ工業株30種平均株価は、アメリカの主要産業の平均株価に過ぎませんが、ダウ平均は、金融市場全体にも大きな影響を与えます。

 

ダウが下がれば日本の株式市場はもちろん、為替の世界にも影響を与え、円高、ドル安が進む傾向にもあり、世界経済に影響を与える株価であると言えます。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告