日経総合株価指数

日経総合株価指数

株の投資を行っている際に、自分の持っている株が大体どのくらいの価値になっているのかは、やはり気になるものです。そういうときは、日経総合株価指数を参考にしましょう。

 

日経総合株価指数とは、株価指数のひとつで、日本経済新聞社が毎日1回、作成し公表しています。対象の銘柄が東京、大阪、名古屋、札幌、福岡の5カ所となっており、これはJASDAQを除く全国の取引所の上場銘柄ですので、日本のほぼ全ての株が対象となっているといってもよいでしょう。

 

株価指数は数多くありますが、ほぼすべての銘柄がひとつひとつどの位の価値であるのかと言ったことがわかるのは、この日経総合株価指数のみとなります。日経総合株価指数の数値は、算出時の時価総額を基準の時価総額で割り、100をかけて算出されます。

 

これでいったい何がわかるのかというと、自分の持っている株がどのくらいの価値になっているかということがわかります。つまり、この指数を参考にすることで自分の行った投資の儲けまたは損がいったいどのくらいなのか、ということがわかります。

 

そのため、投資運用を行っている人は、必ずチェックをしておいた方がよい指数といえるでしょう。では、平均株価といったいどのように使い分けるとよいのでしょうか。平均株価は、全体の平均となりますので、株の全体的な傾向や景気などがつかめます。そのため、株を購入しようという時である買い時を考慮する場合に参考にするとよいでしょう。

 

それに対し、日経総合株価指数はそれぞれの銘柄の価値がわかるものとなりますので、すでに購入してもっている株がどう変動したのか、今の自分の損益を判断するのに必須となります。その日のの指数は毎日公表されますので、自分の持っている株の銘柄の変動も参考にし、これからどうなるのかといった予測を立て手放すのは今なのか、それともまだ持っていた方がよいのかなどといった判断をするのにも利用すると良いでしょう。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告