ロシア RTS指数

ロシア RTS指数

ロシアRTS指数 (Russian Trading System Index)とは、アメリカドル建てで取引システムによって算出される時価総額加重平均指数のことです。まだ少ないといわれるロシア株式の株価指数のうち、モスクワタイムズと同様にロシア市場の代表的株価指数です。

 

ロシアン・トレーディング・システム (RTS)の取引銘柄の中で流動性が高く、時価総額の大きい銘柄を選定して構成されています。構成銘柄はルクオイル、ガスプロム、ロスネフチ、ノリリスク、ズベルバンクなどの50銘柄です。

 

基準日である1995年9月1日の時価総額を100として算出しており、指数値計算には浮動株が使用されています。1998年に大幅下落、国際的な天然資源高騰によって上昇していたのですが、2008年9月には再び急落しました。

 

その後2009年、金融危機の影響によりロシアのGDPは減少しました。しかし株価指数は2.2倍にもなり、証券市場は好調を示したのです。

 

RTS指数は129%、MICEX指数は122%にまで上昇しました。これはブラジルのボベスパ指数に次ぐ上昇率です。

 

このようにわずかな期間で下落したり回復したりと、変動が激しいのも特徴です。企業実績だけで判断するのも難しいので、チャート分析はもちろん、国の政治情勢なども知っておく必要があります。

 

よって投資家初心者の方にはちょっとリスクが高い株式指数といえます。逆に資金豊富な投資家の方には人気で、うまく投資すれば効率的に高利益を得ることができます。

 

ロシアの株式市場は、まだ規模がそれほど大きくありません。しかし世界有数の貴重な天然資源国として、日本に次ぐ外貨保有国として、経済・株式に期待が集まっています。

 

実際に最近は、インド株式などの新興国株式投信が注目されているようです。2010年末のRTS指数は、前年比30%上昇の1850ポイントに達すると予測されています。

 

業種別ですと電力や石油・ガス、銀行に注目が集まっているようです。特に電力業界は投資計画の影響で、2009年に6倍にまで値上がりした銘柄もあり、株価上昇が期待されています。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告