S&P トロント総合指数

S&P トロント総合指数

カナダは、豊かな自然に囲まれた、資源豊かな国です。それゆえに資源国としてみられがちですが、先進国の文明屋技術も多く取り入れられており、ワーキングホリデーにもよく利用される住みやすい国なのです。

 

カナダにはいくつかの証券取引所が存在しますが、カナダ最大の証券取引所が「トロント証券取引所」です。このトロント証券取引所上場の企業の平均株価指数は、「S&P トロント総合指数」と呼ばれています。

 

S&P トロント総合指数は、カナダの経済状況を表わす株価指数ともいわれており、トロント証券取引所を運営している「TSX社」と、アメリカの「スタンダード&プアーズ社」のよって提供されています。スタンダード&&プアーズ社は、世界的な指数を提供している企業であり、マグロウヒルグループの投資情報提供会社としてかなりメジャーな企業ではないでしょうか。

 

そのため、S&P トロント総合指数は英語では「S&P/TSX CompositeIndex」と称されているようです。S&P トロント総合指数を構成している企業銘柄を、以下に紹介しています。

 

ASTRAL MEDIA社、COGECO CABLE社、CORUS ENTERTAINMENT社、GILDAN ACTIVEWEAR社などです。ASTRAL MEDIA社は、カナダ最大のメディアを取り扱う企業で、テレビ放送やインターネットなどのメディアでさまざまなサービスを提供しています。

 

S&P トロント総合指数では、1975年の株価指数を1000として計算されています。カナダの株価指数は、日本同様に、世界の経済大国アメリカの株価に非常に影響を受けやすいといわれており、また株価指数のセクター占有率の大半が資源であることから、資源価格にも影響されやすのだそうです。

 

投資家の海外ETFの投資先としては、それほど魅力的でないといわざるをえませんが、アメリカ経済と連動しているため、無視はできない指数でしょう。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告