スイス SMI指数

スイス SMI指数

スイスSMI指数とはSwiss Market Indexの略称で、スイス証券取引所における流動性の高い王手企業20社の銘柄で構成される、時価総額加重平均指数を指します。この指数はスイス株式市場を代表する指数で、世界的にも注目度の高い指数表となっています。

 

スイスSMI指数の銘柄だけで国内の約70%超の時価総額を占めるもので、通貨単位はスイスフランが使用されます。スイスは全人口で750万人程度の小さな国ですが、世界的にシェアを持つ一流の企業が多くあります。

 

飲料メーカーではネスレやカルティエ、製薬メーカーではロシュ、ノバルティス、ほかにも保険会社のチューリッヒや時計のスウォッチといった世界を牽引する大企業があり、これらの企業がスイスSMI指数を構成しています。最近の注目するところでは、新型インフルエンザの流行により特効薬として注目を集めた「タミフル」の製造元であるロシュと、近年普及しつつある「ジェネリック薬」の開発・製造を手がけているノバルティスです。

 

ジュネリック薬は後発医薬品として、本来の製薬と効力は同等で、当初の開発メーカー以外でも製造可能となった製薬で、最近では日本においても認知されてきています。株式市場の中では比較的注目を集めている銘柄ではないでしょうか。

 

両企業は医薬業界では世界のトップ5に入る大企業で、スイスSMI指数の中でも注目を集める銘柄です。スイスSMI指数は世界を代表する大手企業銘柄で構成されている株式指数ですので、株価が常に割高であるという現状もあります。

 

スイスはヨーロッパを代表する国際的な金融センターとして注目度の高い株価指数となっています。日本ではCFDによる株価指数取引が可能となっています。

 

CFD株価指数取引を利用することにより、FTSE100(英国)、DAX指数(ドイツ)、CAC40指数(フランス)と共に、ヨーロッパの株式市場取引に参入することができます。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告