台湾加権指数

台湾加権指数

台湾加権指数とは、台湾の株価指数のことで日本でいう東証株価指数や日経平均株価(日経225)になります。正式には「台湾証券取引所加権指数」です。

 

台湾加権指数は、台湾株式市場の相場動向を表す代表的なものです。台湾の台北市にある台湾証券取引所に上場している全銘柄にあたる約500銘柄を時価総額加重平均した株価指数になります。

 

指数は1966年を100として計算されており、通貨は台湾ドルです。台湾加権指数は、台湾証券取引所上場株式のすべてを含んでいるもののほかに、金融、電子、あるいはその両方を除いた指数や、22の産業別の指数もあります

 

台湾は、長い間、中国と独立問題を抱えていますが、中国との経済関係は非常に密接です。アジアの株式市場の中でも特に中国の影響を大きく受けるので、日本や韓国と同様に輸出主導型の経済のため、世界経済の動向にも大きく左右されます。

 

台湾加権指数の特徴は、銘柄の半数以上がITや電子機器関連メーカーが占めていることです。世界のパソコンの約80%が台湾で製造されているため、電子部品関連の生産がとても発達しています。

 

世界的に有名な企業が名を連ねており、指数の最大のウエイトを占めている台湾セミコンダクター社は、半導体の受注生産で世界のトップ企業です。また指数ウエイト2位のホンハイプレシジョン社は、EMS(電子機器製造のアウトソーシング)で世界のトップ企業になります。

 

そこは、世界大手の電子企業の製品であるアップルのiPodや任天堂Wiiなどの製造を担っています。指数ウエイト4位の宏達国際電子(HTC)は、スマートフォンの制作を専門とする会社です。

 

日本でもGoogleケータイを発売したり、世界でもHTC製のスマートフォンのシェアは急拡大していて、世界注目の一社です。このように電子機器産業の中心となっている台湾ですが、逆にいえばIT関連産業のウエイトが大きすぎるための懸念もあります。

 

また、株式の約半数が個人株主であることも、値動きが激しい理由の一つの要因になっています。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告