TOPIX small

TOPIX small

TOPIX smallはTOPIXニューインデックスシリーズを構成する7つの株価指数のうちの1つです。この指数は対象銘柄から、TOPIX500と上場間もないものなどを除いた銘柄で構成されています。

 

この株価指数は世界の証券取引所で算出に使われている、時価総額加重型の株価指数です。つまり、全構成銘柄の価格を合計し、基準日の構成銘柄の価格の合計で割って算出される、というものです。

 

TOPIX smallは、上場インデックスファンドTOPIX small日本小型株として、日興アセットマネジメントの運用で商品化されています。このインデックスファンドは、もちろんTOPIX smallに連動するように運用するのを目指しているものです。

 

小型株に特化している株価指数に連動するようなインデックスファンドということで、どのようなメリットがあるかというと、ハイリターンが期待できるということです。通常インデックスファンドはリスク分散に適した投資方法で、ハイリターンの期待はあまりできないもの、という印象があります。

 

しかし、このインデックスファンドは小型株で構成されているため、リスクも通常よりは高くなりますが、その分リターンも期待できるということです。小型株はこれから成長する可能性の高い企業の銘柄で構成されていますので、成長率を考えると、長期的に見たら通常のインデックスファンドよりも大きな利益が得られる可能性もあるかもしれません。

 

また、上場インデックスファンドTOPIX small日本小型株の信託報酬は、年率0.525パーセントと、少し高めの設定になっています。ハイリスクハイリターンの傾向にあるインデックスファンドであることを考えると、当然なのかもしれません。

 

ただし、必ずしも高リターンを得られるというものではありません。リスクの高すぎる投資はまだこわいけれど、通常のインデックスファンドとは少し違うものに挑戦したいという方に向いている商品と言えます。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告