東証株価指数100(TOPIX100)

東証株価指数100(TOPIX100)

株価を表す指数には、各種ありますがその中でもっとも一般的なのが、日経平均株価225です。これは日本経済新聞社が、一部上場している企業から225社を選びその株価の平均を円で表したもので、テレビや新聞なので毎日報道されるので、皆様ご存知のはずです。

 

前日の平均株価と、当日の平均株価を円で表すため身近に株価を判断する事ができますが、225社と一部上場企業の15%程度なので、日本の上場企業の株価をすべて判断することには、多少の無理が生じます。

 

そのため株価平均とは別にTOPIXという指数が発表されます。TOPIXはTokyo stock Price IndeXの略で1968年1月4月の東証1部時価総額を100として、1部上場すべての企業を対象にするため、株価指数を知る上では重要な指数となります。

 

平均株価が下がると一般的にTOPIXも落ちますが、日経225平均株価が暴落してもTOPIX自体は、多少の下げで推移する場合があります。TOPIXでは他に、東証株価指数100(TOPIX100)と言う指数が発表されますが、ニュースやテレビではあまり報道されることがないので、株式投資を行っていない方にはあまり馴染みのない数字ですが、重要な株式指数の一つです。

 

東証株価指数100(TOPIX100)は、大型株を中心に現した指数で、TOPIX Core30とTOPIX Large70を足した指数です。Core30は流動性のある大型株で、日本たばこ産業や、コンビにで有名なセブン&アイ・ホールディングス、東京電力などが含まれます。

 

TOPIX Large70は日本の大企業を中心に選ばれています。テレビCMでもよく放映されてる、積水ハウス、キリンホールディングス、インターネットポータルサイト最大手のヤフー、ipod携帯電話のソフトバンクなど日本の大手企業を中心に構成されています。

 

日経225との大きな違いは、TOPIX100に入る企業を毎年9月に見直しを行うことです。見直しを行うことで、より日本経済の実態に近い指数を発表できるのが東証株価指数100(TOPIX100)の大きな特徴です。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告