東証マザーズ指数

東証マザーズ指数

東証マザーズ指数とは、市場全体の時価総額を表す一つの指標であって、株価指数として算出されているおり、その算出方法は東証株価指数、通称TOPIX(トピックス)と同じ方法で計算されています。具体的には東証マザーズ指数における算出した数値の算出・表示方法としては、時価総額加重平均型株価指数よって計算されています。

 

銘柄の時価総額合計をそのときの基準点における時価総額合計で割ったものを数値として表示しています。日本を始め、世界のほとんどがこの形式で株価指数を算出しています。

 

そもそも東証マザーズとは、東京証券取引所が開設をしている新興企業向けの株式市場のことであり、現在180社以上が上場をしている市場であります。そこで、東証マザーズの特徴と致しましては、業種・業態に関係なく、有能な技術などを持っていて成長する見込みがある全ての企業が上場の対象としており、利益などの財務数値に関する基準を設けられていません。

 

また、年間2回以上会社説明会を開くことが義務付けられているのも特徴の一つです。東証マザーズ指数で算出に使用される主な銘柄と致しましては、WOWOW(ワウワウ)や篠崎屋、ケンコーコム、テレビ東京ブロードバンド、mixi(ミクシィ)、GREE(グリー)などが挙げられます。

 

東証マザーズ指数においての短所的要素もいくつかあります。近年では、2006年1月16日をピークに、証券取引法違反の容疑で強制捜査が入ったライブドアの事件以降、株価が暴落したのはまだ記憶に新しい所であります。

 

そのライブドア事件以降、市場関係者などに不信感が広がったことやサブプライムローン問題で個人投資家に損失が出た場合にはその影響が受けやすいなどが挙げられます。さらに、個人銘柄についても、株式上場時に過剰な価格が付くものの、それを機に下落の一途を辿り、数年後にはピーク時の100分の1以下という極端すぎる下落をしてしまい、その後は値動きが低調となることも珍しくない状況もあります。

株価指数に投資をするなら

DMM.com証券
FXの年間取引額でNo.1となったDMM.com証券でも、株価指数に対応したCFD銘柄を扱っています。銘柄数としては少なくなってしまい10銘柄以下となっていますが、日経225に連動したCFDや、ニューヨークダウに連動したCFD銘柄を扱っているので、人気銘柄で取引をしたいと考えている人には問題ないと思います。取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンも行われていて、ポイントは現金化する事が出来るのが魅力となっています。

DMM CFD

サクソバンクFX
強靭なシステムが売りとなっているのがサクソバンクとなります。FXもCFDも取り扱っていて、指数に対しての取引と言う点では、非常に多くの銘柄が用意をされている会社の一つとなっています。CFDでは多数の国の株価指数が用意をされている会社の一つとなっているので、国の指数に対しての投資を考えている人にはオススメの会社となっています。

サクソバンクFX

FXトレードフィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、ユーザー数が多いのが、FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプションとなります。指定タイミングで現在の指数よりも上がっているか下がっているかを予測するだけの簡単な金融商品となりますので、始めやすいのが特徴となります。ただし、簡単ゆえにのめり込みやすい性質もありますので、余裕を持って行う様にしましょう。

らくらくFX

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告